• Mail: info@visionprojector.com
  • Mail: info@visionprojector.com
Cart
心に響くプレゼント

きっかけの一枚

きっかけの一枚

  • パートナー
  • 2012年
  • 200㎜×200㎜

北海道の大学の建築学科に進み、一心不乱に勉強を楽しむ男性がいた。毎回最前列の真ん中で食い入るように講義を受け、課題は3日徹夜してでも納得いくまでやりきる。友人の死をきっかけに、子供の頃夢だった人生を生きなおそうと意気込んでいた。

そんな矢先、いつものように単車に乗っていたら大きな交通事故に巻き込まれてしまう。

一命はとりとめたものの、無事なのは右足のみ。一心に夢見ていた建築家への道も、脳の損傷からあきらめざるを得ない状況だった。ひらがなからのスタート。さぼっても授業を理解できるクラスメートに悔しさでいっぱいだった。

今まで通り、最前列のど真ん中で講義を受け、テストはできないのでレポートに変えてほしいと教授に頭を下げ続け、それでも真夜中まで病院の自動販売機の前で勉強した。

それから12年たった後、彼が、封印していた初めて描いた建築図面をわたしに見せてくれた。

「彼は絶対に幸せになるべきだ」「建築家の夢も違う形できっと花開く」と、想いを込め、ロッジでの幸せな生活がうかがえるように描いた。

 

絵に全く興味のなかった彼だったが「自分だけのための自分の絵」に、とても感動していた。そして、建築家への未練は無くなっていったという。

これが、結果的にビジョンプロジェクターのきっかけの一枚となる。