2022-04-28

壁画 ”謳花 366 birthday flowers”

  •  client: おりづるタワー(広島マツダ)
  •  2022年
  •  高さ4m × 長さ24m

こちらの作品は、おりづるタワーで企画された、戦後100年への願いを描く WALL ART PROJECT ”2045 NINE HOPES”にて描いたものです。広島ゆかりのアーティスト9名が、それぞれの2045年への願いを、スパイラルスロープ(散歩坂)各層の壁面へ描き、全9層のうち私は6層目を担当しました。

おりづるタワー|WALL ART PROJECT (orizurutower.jp)

【作品コンセプト】

2045年、新たな時代の幕が開く。
咲き誇る『個』が、新しい時代を作っていく様子を、色とりどりの誕生花とそれらが形作る流れや渦で表現した。

訪れた方に『自分自身』にフォーカスしてもらうために、誕生日の花を探してもらえる仕組みを作っている。[閏日(2/29)を含む366日分の誕生花にはそれぞれ日付が付けてあり、HP内で、花の名前、花メッセージ、壁画のどの位置にあるか、を検索することができる。誕生花/花メッセージ ► ビジョンプロジェクター|思考を絵画に (visionprojector.com)

広島の街を抱いた乳母車は地球を象徴したもの。
5月の渦の中心にあるカーネーションは母親の象徴。
8月の渦の中心にあるバラ(ピース)は平和の象徴。

青い道の上をカーネーション(母)からバラ(ピース)へ向かう赤ちゃんを乗せた乳母車は、ひとり一人が過去やルーツを大切に、幸せな自分を目指す道であり、同時に広島、地球が歩む平和な未来への道でもある。

右下には、この場所が新しい自分への入り口となるよう、宮島の霊山、弥山の潜り岩を描き込んだ。
自らの人生を謳歌するきっかけになれば嬉しい。

青い乳母車は地球を象徴したもの。この渦の中心から366の誕生花が始まります。
コウノトリも飛んでいます
石段は、あたらしいステージへの入り口として描いた、宮島弥山の潜り岩
赤ちゃんが手をのばしている花は広島の江波山にしか咲かないという”ヒロシマ エバヤマザクラ”
5月の渦の中心にあるカーネーションは母親の象徴
8月の渦の中心にあるバラ(ピース)は平和の象徴
あたらしい時代の幕開けの意味を込めて描いたカーテン

おりづるタワーWALL ART PROJECTについて、くわしくはこちらをご覧ください。

おりづるタワー|WALL ART PROJECT (orizurutower.jp)

関連記事